震災の帰宅難民(過去日記)

下記については、私の記憶を元に日付を遡って書いております。
ご理解のほど、お願い致します。



震災当日の夜。

夫と私は、職場から自宅に向かって、歩き始めました。

以前、テレビで観たことがあります。
東京で災害が起きたら、帰宅難民が大勢になるから、徒歩で帰宅する
ことを試みようと…。
自分にはあまり関係無いかな…と漠然と観ていたと思います。

そして、突然自分の身がその状況に置かれました。
とにかく一刻も早く自宅に辿り着かなければ…
そんな必死な思いでした。
街は大渋滞の車で溢れていました。
徒歩での帰宅をする人も、勿論大勢いました。
みんなの足音が、ざくっざくっと響きました。

全ての信号が停止しているのではなく、一部には作動しているところが
ありました。
どうしても横断しなければならない場所で、手を挙げ、みんなで慎重に
横断歩道を渡っていきました。
ノロノロ運転の車が多いのですが、それでもひとつ間違えると事故に
繋がります。
車を運転している人達は、決して苛々して声を荒げる…なんて行動は
ありません。
きっと、車で帰宅しなければならない距離の人でしょう。
何時間もかけて帰宅することを覚悟しているはずです。
皆、混乱時ではありますが、お互いに気を遣いながら…という空気が
そこにありました。
我先に…という行動は、誰もしなかったと思います。

救急車のサイレンを耳にしながら、途中にある夫の兄の家に寄って
みました。
夫の母にまだ連絡が取れていない…と言われたので、夕方公衆電話で
安否確認をしたことを告げ、早々にそこを後にしました。

そこからは、俄然暗い夜道となりました。
対向車のライトを頼りに歩いたら…と私が提案しました。
それが返って良くなかったのか、夫は眩しいと言いました。
じゃあ、向こう側に渡りましょうか?と言っても、信号も消えて
渡るのは危険でした。
白内障の手術をした、夫の眼を気遣うことを忘れていた自分を反省。
でも何とか歩くしかない。
無我夢中でした。

途中に、急患センターがあり、ここならば公衆電話があるかも…と
立ち寄りました。
夫の母がどうしても心配でした。
徒歩で向かうこともできますが、坂道でかなりきついはずです。
体力的にも、時間的にも、無理でした。
電話をすると、姪が出ました。
仕事で出先にいたようで、直接おばあちゃんのところへ車で送って
もらったとのことでした。
誰かが傍にいるなら、義母も心強いと、安堵しました。
夫は、母親の声を聞いて、ほっとした様子でした。

私の母には、以前から携帯電話を持たせてあります。
携帯の電波が回復できれば、通話も可能です。
妹達とは、メールでやり取りできます。
その時は、まだ何とか連絡できるものと、焦りはありませんでした。

きっと被災地の人は皆、家族や友人、大切な人の安否を知りたくて、
必死だったと思います。
私も、取り合えず家族や兄弟姉妹の安否は確認できたものの、
落ち着かない気持ちでいっぱいでした。

自宅までの距離が少しずつ縮んでいく中で、あちこちで建物が少し
崩れているところや、ガラスが落ちて散乱しているところがありました。
頭上に注意しながら、暗い足元を見る、ひたすら足を動かして進む、
少し後ろに女の子が二人、ついてきているようでした。
何度か声が聞こえてきました。
私達夫婦の後ろを歩くことで、不安な夜道も何とかほっとできたの
かもしれません。

いつも車で通る道。
コンビニがいくつもあるのですが、もうどこもかしこも真っ暗。
何か買って帰るというのは、到底無理だということは分かっていま
した。
灯りが無いと、こんなにも暗いのだと、初めて知りました。
そして、あと少しの距離になった時に、娘にメールを入れると
玄関が危険だから、必ず到着したら連絡するようにと返信がきました。


ようやく自宅に到着。
夫の計算通りの時間でした。
20時半頃でした。
夫の兄のところと、急患センターの公衆電話の寄り道を入れても
2時間程度でした。
脚がパンパンに疲れてる…という状態ではありませんでした。


帰宅難民…自宅が徒歩帰宅可能だったことが、せめてもの救いでした。
もしも帰宅できなければ、オフィスに泊まらざるをえませんでした。

大勢の人が、帰宅する手段が無く、街の中の小学校等に避難していた
のです。
私は、帰れただけでも、本当に有難かったです。


続きは、別記事にします。

コメントの投稿

非公開コメント

情報サイト★☆

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
時計
日めくりカレンダー
☆おススメならココ☆
FC2カウンター
現在の訪問者数
 
最新記事
カテゴリ
あれこれサイト…part1
Flashpiano mini
リンク
☆☆皆様からのリンクを募集しています。
ブロとも一覧
ステキなおばあちゃんになりたい
☆お片づけ大作戦☆
雑食ペンの365日
日々の出来事と片付け日記
にけたろうの片付け日記
アンティーク&北欧 おしゃれ家具
汚嫁の日記
お金をかけずに汚部屋脱出
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
情報サイト◆◇
登録無料!アフィリエイトはアクセストレード 携帯アフィリエイトのアクセストレードモバイル
おすすめ情報サイト☆◇




使いやすいポイントサイト
☆私も毎日コツコツ貯めてます☆
今日の運勢
誕生日&血液型で簡単~☆
今日のお楽しみ♪
プロフィール

せりの☆

Author:せりの☆
♪宮城県仙台市 在住♪ 

はじめまして。
ご訪問ありがとうございます。

私は、仕事を持つ主婦です。
昔は、収納グッズにこだわったり、カントリー調のインテリアを研究したり…
自称片付けの達人をめざしていました。
ところが、環境の変化や体調、諸事情で、
いつの間にやら片付けが苦手なタイプに
なってしまいました。
今度こそ片付け上手をめざします。
うまくいかなくて、落ち込む時もあるけれど、ポジティブがモットーです。
『苦手だからこそ、さあ!片付けましょう』
『明日は今日より快適に』
をキャッチフレーズに試行錯誤で頑張っています。
片付けを基礎から勉強したいと思って、
【整理収納アドバイザー2級】
【住宅収納スペシャリスト】を取得しました。
次のスキルアップをめざしています。


片付けや、整理・収納に興味のある方、コメント大歓迎です。

ブログランキング参加中です。
それぞれポチっとしてくれたら嬉しいです!!
    ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ
にほんブログ村

mixi
mixiには、日常の出来事や食事記録を 書いています。          せりの☆
mixi(ミクシィ)やってます!
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
1029位
アクセスランキングを見る>>
[サブジャンルランキング]
家事
122位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

FC2ブログのブロともさんを大募集してます☆

メールフォーム
あれこれサイト…part2










あれこれサイト…part3





Book Mark
お気に入り登録お願いします!
キレイナビ
キレイな毎日をめざすなら… コスメのレビューやダイエット日記でポイントゲット!女性限定SNSのキレイナビ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Bling