スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖の瞬間、地獄のような現実

このところ、度々地震はありました。

いつだったか強い揺れ、そしてその後の吹雪。

気持ち悪いくらいの前兆だったのかもしれません。

しかし、多くの人は大災害に対し、
特に備えることもなく、毎日を過ごしていました。


私は、仕事のことで、重要な課題を抱えており、
仕事関係の別ブログを立ち上げたり、
HPを更新したりしていました。
このブログも、最近更新できないでいたので、
週末だから、まとめて更新しよう、などと考えていました。


そして…
その時も、PCを触っていました。


銀行に送金の用事があり、確認のために銀行に電話し、
トイレを済ませ、PCをシャットダウンしようか…
そんな感じでした。


激しい揺れ。
過去にも幾度か体験しましたが、
瞬間的に、違う!
そう思いました。


私のオフィスはビルの1F

ニュージーランドのように建物崩壊したら…
周りのビルからみんな恐怖で外に…

見ず知らずの人と手を握り、揺れる周りのビルに
ただ呆然と…。


揺れがおさまり、オフィスに戻ると、
停電で真っ暗、しかし過去の地震でも比較的被害がなく、
地盤が強いエリアなのか、備品が倒れることもありませんでした。
積み上げていた書類が崩れた程度。


しかし、続く余震。

夫は会議、娘は自宅。

誰にも携帯は繋がらない。

間もなく夫が帰り、災害伝言板で娘の無事確認。


しかし、予想を越える余震、ラジオをつけたくも
単1の乾電池がない。


そして、周りの人から震度の情報、津波の情報…

親にも、姉妹にも連絡が取れず、
やっとメールが繋がった妹と安否確認。、
公衆電話で、ようやく自分と夫の母親と安否確認。



そして、立体駐車場から車を出せない、
電車は地下鉄もJRも動いていない。


歩いて帰宅することを決意。

幸い自宅までは、徒歩1時間半程度。

非常用に多少の信号と、対向車の灯りを頼りに。


途中、夫の兄の家に寄り、
公衆電話で高齢の夫の母の様子を聞き、
やっと帰宅。

娘から玄関が危険だからとメールをもらっていたので、
リビングから自宅に入れてもらいました。
娘は冷静でした。
全てのドアを開け、ガスコンロの元栓を止め、
明るいうちに何が被害に遭ったか確認してくれていました。

ペンライトを幾つか用意していました。

自宅は惨状。

片付けてきたものも全て台無し。

しかし、命があっただけでもマシです。



ホッカイロのお陰で何とか寒さはしのげたし、
食パンだけは、たまたま多く買っていたし
お菓子類もあるので、食料には困らない
水も出てるから、電気・ガスは止まっても耐えられる。

そう判断し、避難場所へは行きませんでした。
余震が怖いので、リビングに寝ることに。
夫はソファに敷き布団を敷いて、
娘と私はマットレスを2枚重ねた上に敷き布団、
フローリングの上でも何とかなります。


ラジオをつけ、この地震がいかに酷いものだったか、知りました。

隣の区では、海岸近くの地区が大津波、相当数の遺体…
すぐ隣の市も床上浸水。


まだまだ悲惨な人に比べたら、私達は落ち込んでる場合ではありません。


非常用に何一つ用意してなかったので、それぞれリュックを用意し、
貴重品を詰め、食料を確認し、取り合えず寝ました。

しかし余震が酷く、あまり眠れませんでした。

翌朝早くから公衆電話で、無事を知らせたい人に連絡をし、
自転車で避難所である、小学校・中学校を回りました。

しかし、救援物資や食料は昨夜から来た人優先。
全くもらえないと覚悟し、自転車で実家に行き、母の無事確認。
実家の被害も、我が家と同じくらい。

暫くして、帰宅の途中、コンビニに並ぶ夫と合流し、飲み物と少しの食料を買い、自宅に戻って
少しずつ片付けながら、再び荷物を確認。
もしも避難所に行かなければならない時に、
自宅から持ち出す毛布を用意したり、
実家から貰ってきた、懐中電灯、
ありったけのペンライトと、乾電池を家族で分け
再び夜。

次の朝は、近所のドラックストアに並び、
何とか日用品も揃いました。


とにかく書ききれません。

携帯電話は、必ず、常にフル充電して寝ることにしていたのと
予備の充電器も満タンだったので、
メールでやり取りできる相手には、連絡ができました。

それ以外は何一つ準備をしていませんでした。


昨日、プロパンガスを使っている夫の家で
ご飯を炊き、冷凍庫のお肉やシーフードなどを全てボイルしようと
車で迎えに来てもらい、行きました。

そこへようやく電気がつき、充電したり
ご飯を炊いたり…調理したり
私達はまだ恵まれています。

自宅に送ってもらったら、自宅も電気が回復していました。


TVで、あまりにも被害が大きい地域の映像を見て
言葉もありません。


片付けは一からやり直し。

無駄な物は処分し、いざという時に備えることも
ちゃんと真剣に取り組みます。


まだ親戚や友人などに連絡も取れていません。


次に更新できるか分かりませんので、
何とか携帯から更新しました。


みんなで力を合わせ、復興をめざします。

コメントの投稿

非公開コメント

ご無事でなによりでした
本当に良かったです

とても想像できなかった悲惨な現状ですね
私も どうしたらいいか うろたえています
私は東京なので 被害というほどの事はありませんでしたが
世界中の人たちが 心配しています

どんな言葉で表わしたら良いか分かりません
気を確かに 復興めざして がんばりましょう

情報サイト★☆

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
時計
日めくりカレンダー
☆おススメならココ☆
FC2カウンター
現在の訪問者数
 
最新記事
カテゴリ
あれこれサイト…part1
Flashpiano mini
リンク
☆☆皆様からのリンクを募集しています。
ブロとも一覧
ステキなおばあちゃんになりたい
☆お片づけ大作戦☆
雑食ペンの365日
日々の出来事と片付け日記
にけたろうの片付け日記
アンティーク&北欧 おしゃれ家具
汚嫁の日記
お金をかけずに汚部屋脱出
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
情報サイト◆◇
登録無料!アフィリエイトはアクセストレード 携帯アフィリエイトのアクセストレードモバイル
おすすめ情報サイト☆◇




使いやすいポイントサイト
☆私も毎日コツコツ貯めてます☆
今日の運勢
誕生日&血液型で簡単~☆
今日のお楽しみ♪
プロフィール

せりの☆

Author:せりの☆
♪宮城県仙台市 在住♪ 

はじめまして。
ご訪問ありがとうございます。

私は、仕事を持つ主婦です。
昔は、収納グッズにこだわったり、カントリー調のインテリアを研究したり…
自称片付けの達人をめざしていました。
ところが、環境の変化や体調、諸事情で、
いつの間にやら片付けが苦手なタイプに
なってしまいました。
今度こそ片付け上手をめざします。
うまくいかなくて、落ち込む時もあるけれど、ポジティブがモットーです。
『苦手だからこそ、さあ!片付けましょう』
『明日は今日より快適に』
をキャッチフレーズに試行錯誤で頑張っています。
片付けを基礎から勉強したいと思って、
【整理収納アドバイザー2級】
【住宅収納スペシャリスト】を取得しました。
次のスキルアップをめざしています。


片付けや、整理・収納に興味のある方、コメント大歓迎です。

ブログランキング参加中です。
それぞれポチっとしてくれたら嬉しいです!!
    ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ
にほんブログ村

mixi
mixiには、日常の出来事や食事記録を 書いています。          せりの☆
mixi(ミクシィ)やってます!
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
674位
アクセスランキングを見る>>
[サブジャンルランキング]
家事
96位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

FC2ブログのブロともさんを大募集してます☆

メールフォーム
あれこれサイト…part2









あれこれサイト…part3





Book Mark
お気に入り登録お願いします!
キレイナビ
キレイな毎日をめざすなら… コスメのレビューやダイエット日記でポイントゲット!女性限定SNSのキレイナビ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Bling
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。