スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからのことを考える一年に

東日本大震災から三年の月日が経ち、自分なりに
何ができたか、これから何をしていくべきか、
色々と考える毎日です。

私がいくつか書いているブログがありますが、
2011年の3月10日と11日についての振り返り
を綴っている記事があります。
もし良かったら読んで下さいね。

たった一日で変わったあの日

私は宮城県沖地震を体験した一人です。
それは10代の後半でした。
当時一番被害が大きかったのが、ブロック塀の倒壊で
その下敷きで亡くなった人がたくさんいました。
そういうことの教訓から、塀の高さに対する意識は
とても高くなりました。
自分の周りには、もう高い塀がある家は無いし、
自分自身の家のブロックも3段程度にして、後は
フェンスを付けています。
これなら、大きな地震がきても、ブロックが危険な
状態にはならないでしょう。
何となくそんな意識しか無かった毎日でした。

そこから30年以上が経ち、いつかまた宮城県沖地震は
きっとくる、と言われてからも尚、緊張感と背中合わせで、
割と平穏な日々が続いていました。
自分が結婚し、子供を産んで、育ててから、20年以上
の時間が流れたある日、大震災がやってきました。

自分の子供は、地震を体験したことが全く無いわけではあり
ません。
宮城県は幾度かの大きな地震がありました。
かつて、大きな地震があった時、たまたま習い事に行く
準備をしていて、祖父母が送迎のためにうちに来てくれて
いた時でした。
固定電話が通じなかったのですが、その当時はPHSが
繋がったので、子供が恐怖でパニックにはなりません
でした。
祖父母もいたし、心強かったです。

東日本大震災は、このように何度かの大きな地震を体験して
いる私達にとって、まさかの事態が残酷なまでに襲って
きました。
それは、大津波です。
津波ってどんなものかも、私なんかはよく知らなかったです。
床上浸水くらいはしょうがないかも…
私の少ない認識では、せいぜいそんな感じで、まさか命を
落とす人がいるとは思いませんでした。

東日本大震災では、我が家のように、祖父母に自分の子供
の面倒をお願いしているという環境の中で、津波でいっぺんに
両親と子供を亡くされた方も一人二人ではないのです。
何のための共働きなのか、どれだけ自分を責めたとしても
どうしようもない…
もし自分が家にいたら、助けられたかもしれない、とか
春休みに入っていたら、違う場所にいたかもしれない、とか
きっと哀しんで苦しんで…泣いても泣いても枯れないと思います。

私も子供を持つ母として、何よりも辛かったのは、お子さんを
亡くされた方がたくさんいらっしゃるということでした。
もし夢だったらどんなに良いか…
自分のことのように哀しかったです。
震災から数週間は、毎朝目が覚める度に、あぁやっぱり地震は
本当にきたんだよね…って
涙ばかり流していました。

我が家の場合、夫の親類の安否が暫く分かりませんでした。
沿岸部に住んでいる人も多かったので、どうかみんな無事で
いて欲しいと思いましたが、
ずっと安否が分からなかった人もいて…
結局は数週間経ってから、哀しい事実となりました。
他にも訃報はいくつかありました。
つい2ヶ月前には、年賀状が届いていて、きっとそれが最期の
ものになるなんて、誰が想像できるでしょう…。
つい数ヶ月前に行った、その地は、途中で道路が海になって
いました。
夫の祖父母が眠る墓地も、その原型は留めていなくて、もはや
大体ここらへんだったことは分かっても、墓石を見つけること
もできませんでした。
親類の家の辺りを探しても、家の基礎しか残っていないので、
全く分かりませんでしたが、奇跡的に表札だけが残っていた
家がありましたので、すぐ近くであるということだけ分かった
感じでした。

私は、震災のだいぶ後で訪れた、夫の父の故郷に行った後、
ショックで高熱が続き、すっかり体調を崩してしまいました。

震災の後は、大変な日々でしたが、内陸に住んでいると、
テレビなどの報道の映像だけで理解していても、実際には
何にも分かってなかったような気分になりました。
先祖のお墓参りもできなくなったことが、心の空洞でした。

でも、それよりもまだまだ遺体と対面できない人が大勢いて、
そんな中で少しずつ日常を取り戻す生活している自分を責めて
いくような感覚が襲ってきました。

仕事も忙しくなり、体調も戻らず、最初の一年をどう過ごした
のか、あまり覚えてない気もします。

片付けのブログを書いていながら、途中で震災を体験し、
もう被災地に関する内容しか書いてはいけないのかなとか、
自分自身に葛藤もありましたが、たぶん今よりずっとずっと
混乱していたと思います。
三年経ったからこそ、ようやく、少しずつ振り返り、そして
これからのために、災害時でも、しっかり乗り越えていける
何かを伝えたい、そう感じています。

また基本に戻り、片付けることを中心に綴っていこうと決意し、
少しずつ記事の更新ができるようになりました。
そして、震災から三年が過ぎた今だからこそ、もっと冷静な
目で、自分の感じたことを書きたいと思っています。

何だかまとまりのない文章でごめんなさい。

私が書いているいくつかのブログは、並行しながら記事を
書いていくつもりです。
読んでくれている人の年代や立場が微妙に違うので、それを
考えて記事を更新していきます。

最後まで、読んで下さり、ありがとうございました。



ブログランキングに参加しています。
記事の最後、またはサイドバーから応援クリックをお願いします☆
いつも励みにして書いています。

訪問の足あとに、拍手ボタンをポチッと頂けたら、嬉しいです☆
コメントも大歓迎です☆☆
いつも読んで下さり、ありがとうございます♪






人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村

テーマ : 片付け・収納
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

情報サイト★☆

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
時計
日めくりカレンダー
☆おススメならココ☆
FC2カウンター
現在の訪問者数
 
最新記事
カテゴリ
あれこれサイト…part1
Flashpiano mini
リンク
☆☆皆様からのリンクを募集しています。
ブロとも一覧
ステキなおばあちゃんになりたい
☆お片づけ大作戦☆
雑食ペンの365日
日々の出来事と片付け日記
にけたろうの片付け日記
アンティーク&北欧 おしゃれ家具
汚嫁の日記
お金をかけずに汚部屋脱出
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
情報サイト◆◇
登録無料!アフィリエイトはアクセストレード 携帯アフィリエイトのアクセストレードモバイル
おすすめ情報サイト☆◇




使いやすいポイントサイト
☆私も毎日コツコツ貯めてます☆
今日の運勢
誕生日&血液型で簡単~☆
今日のお楽しみ♪
プロフィール

せりの☆

Author:せりの☆
♪宮城県仙台市 在住♪ 

はじめまして。
ご訪問ありがとうございます。

私は、仕事を持つ主婦です。
昔は、収納グッズにこだわったり、カントリー調のインテリアを研究したり…
自称片付けの達人をめざしていました。
ところが、環境の変化や体調、諸事情で、
いつの間にやら片付けが苦手なタイプに
なってしまいました。
今度こそ片付け上手をめざします。
うまくいかなくて、落ち込む時もあるけれど、ポジティブがモットーです。
『苦手だからこそ、さあ!片付けましょう』
『明日は今日より快適に』
をキャッチフレーズに試行錯誤で頑張っています。
片付けを基礎から勉強したいと思って、
【整理収納アドバイザー2級】
【住宅収納スペシャリスト】を取得しました。
次のスキルアップをめざしています。


片付けや、整理・収納に興味のある方、コメント大歓迎です。

ブログランキング参加中です。
それぞれポチっとしてくれたら嬉しいです!!
    ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ
にほんブログ村

mixi
mixiには、日常の出来事や食事記録を 書いています。          せりの☆
mixi(ミクシィ)やってます!
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
735位
アクセスランキングを見る>>
[サブジャンルランキング]
家事
95位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

FC2ブログのブロともさんを大募集してます☆

メールフォーム
あれこれサイト…part2










あれこれサイト…part3





Book Mark
お気に入り登録お願いします!
キレイナビ
キレイな毎日をめざすなら… コスメのレビューやダイエット日記でポイントゲット!女性限定SNSのキレイナビ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Bling
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。